お役立ちコラムCOLUMN

リバレルとは?ホイールのリムの組み換え加工について解説

自動車のホイールは、車の外観や性能に大きな影響を与える重要な要素の一つです。
ホイールのデザインやサイズは、車のスタイルや走行性能に対して重要な役割を果たします。

しかし、時には既存のホイールが望むスタイルや仕様に合わない場合があります。
そんなときに役立つのが、「リバレル」というホイールのリムを組み替える加工です。
この記事では、リバレルとは何かについて詳しく解説し、その方法や費用、メリットとデメリット、さらにリバレルのタイプについても紹介します。

リバレルとは?ホイールのリムの組み換え加工について解説

リバレルとは?

自動車愛好者やカスタムカーのオーナーにとって、ホイールは大切な装飾品であり、性能向上にも寄与します。
しかし、時折、既存のホイールが望むスタイルや性能に合致しないことがあります。
ここで登場するのが「リバレル」です。

リバレルは、ホイールのリムを組み替える加工のことを指します。
この加工を施すことで、ホイールのデザインや幅(リム幅)を変更し、自分の好みや車両の要求に合わせたカスタマイズが可能となります。

リバレルはホイールのリムを組み替えること

リバレルの名前は、英語の “re-barrel” から派生しています。
この加工は、ホイールのリム部分を新たなものと交換することを含みます。
損傷したリムの修理や、ホイールのリム幅(ホイールの幅)を変更するために行われることが一般的です。

しかし、リバレルはある条件を満たす特定のホイールタイプにのみ適用できます。
それは、分割構造のツーピースホイールまたはスリーピースホイールである必要があり、一体構造のワンピースホイールでは行うことができません。

リバレルは法律違反?

リバレルはホイールのカスタマイズ方法として魅力的ですが、法的な制約に気を付ける必要があります。
一部の地域では、ホイールのリム幅の変更が法律で禁止されていることがあります。
したがって、リバレルを行う前に、地元の法律や規制を確認することが重要です。

違法なカスタマイズを施した場合、罰金や車両の使用停止などの厳しい制裁が科せられる可能性があります。
合法的なリバレルを行うためには、地元の法律を遵守することが不可欠です。

リバレルのやり方と費用

リバレルを行う際には、専門的なスキルと適切な設備が必要です。
また、費用もかかることがあり、その費用はさまざまな要因によって異なります。
以下では、リバレルの基本的なやり方と費用について説明します。

リバレルのやり方

リバレル(リムの交換)は、車のホイールのリム部分を新しいものと交換する作業です。以下に、リバレルの具体的な手順を詳しく説明します。

準備作業

作業スペースを整え、必要な工具を用意します。一般的な工具としては、スポークレンチ、ピンチボルトレンチ、スポークテンションメーター、ホイールスタンドなどが含まれます。
新しいリム、スポーク、および必要な付属品を用意します。

ホイールの取り外し

車を安定させ、ホイールを取り外します。これには車いすのフレームに固定されたナットやボルトを緩める作業が含まれます。

スポークの取り外し

ホイールに取り付けられたスポークをスポークレンチを使って外します。この際、古いリムからスポークを慎重に取り外します。

古いリムの取り外し

古いリムを注意深く取り外します。これにはリムからタイヤを外す作業も含まれます。

新しいリムの取り付け

新しいリムを取り付けます。この際、リムの穴にスポークを差し込み、スポークニップルを使用してスポークをリムにしっかり固定します。スポークテンションメーターを使用して、スポークの張り具合を調整します。

スポークの調整

スポークのテンションを均等に調整し、ホイールを真っ直ぐかつ中心に保つために調整作業を行います。これにより、ホイールが均等に回転し、車の安定性が確保されます。

タイヤの取り付け

新しいリムにタイヤを取り付けます。タイヤがリムにしっかりと収まるように確認し、エアを入れて適切な圧力に調整します。

ホイールの再取り付け

ホイールを車に再取り付けし、ナットやボルトを締めます。確実な取り付けを確保し、車の安全性を考慮します。

最終調整

ホイールが正確に中心に配置され、均等に回転していることを確認します。必要に応じてスポークのテンションを調整します。

テスト

リバレル作業が完了したら、車を試しに移動させて、新しいリムが正常に機能しているか確認します。

リバレルの費用

リバレルの費用は、いくつかの要因に依存します。
まず、ホイールのタイプやブランドによって価格が異なります。
また、新しいリムの素材やデザイン、サイズによっても費用が変動します。

さらに、作業を行う専門店やメカニックの料金も影響を与えます。
したがって、具体的な費用を知るためには、リバレルを行う予定のホイールや作業場所における見積もりを取ることが必要です。

リバレルをするメリットとデメリット

リバレルを検討する際には、そのメリットとデメリットを理解することが大切です。
以下では、リバレルをするメリットとデメリットについて詳しく説明します。

リバレルをするメリット

まずはメリットについて解説します。

カスタマイズ性
リバレルにより、ホイールのデザインやリム幅を自分の好みに合わせてカスタマイズできます。
車両の外観や性能を向上させるために理想的なホイールを作成できます。

修理の選択肢
損傷したホイールのリムをリバレルすることで、新しいホイールを購入するよりもコストを節約できます。
また、純正ホイールの代替品が入手困難な場合でも、リバレルにより修理が可能です。

ホイールの再利用
既存のホイールを再利用してカスタマイズするため、リバレルは環境にもやさしい選択肢と言えます。

リバレルをするデメリット

以下はデメリットです。

高い費用
リバレルは専門的な技術と設備が必要であり、そのために高額な費用がかかることがあります。
カスタマイズのための予算を確保する必要があります。

法的制約
リバレルには地域によっては法的な制約があるため、違法なカスタマイズを行うことは避けなければなりません。
地元の法律を確認し、遵守することが重要です。

一部のホイールにのみ適用
リバレルは特定のホイールタイプにしか適用できないため、すべてのホイールに対して利用できるわけではありません。

リバレルのタイプ

リバレルにはいくつかのタイプが存在し、それぞれ異なる特徴を持っています。
以下では、主なリバレルのタイプについて説明します。

溶接タイプ

溶接タイプのリバレルは、アウターリムとインナーリムが溶接されているタイプです。
このタイプのリムは、一体感が強く、溶接によって高い強度を持つ特徴があります。

しかし、社外リムとの交換が難しく、ピアスボルトの取り付け位置に注意が必要です。
溶接タイプのリバレルを行う際には、溶接跡の上にコーキング処理が施されることが一般的です。

2ピースタイプ

2ピースタイプのホイールは、アウターリムとインナーリムが一体になっています。
このタイプのリムは一体感があり、リム交換(リバレル)用の社外リムは存在しないため、2ピースから3ピースへの変換が必要です。

この変換に伴い、インナーリムが引っかかる段差があります。
通常は、リムがこの段差に引っかかることでセンターが出てズレないという構造ですが、リム交換(リバレル)後はインナー側がこの段差に引っかからなくなるため、ピアスボルトが負担される可能性が高まるため注意が必要です。

 3ピースタイプ

3ピースタイプのリムは、アウターリムとインナーリム、ディスクがピアスボルトで固定されています。
このタイプはリム交換(リバレル)において特にリスクがなく、社外リムを用意し、純正リムと同じ構造のままでリム交換が可能です。
また、インナーリムが 段差に引っかかるため、ピアスボルトの負担は少ないです。

リバレルをする時は専門業者に相談

リバレルは、自動車愛好者やカスタムカーのオーナーにとって、ホイールのカスタマイズや修理の魅力的な方法です。
しかし、注意が必要な法的制約や費用、リスクを考慮した上で、最適なカスタマイズ方法を選択することが大切です。
リバレルによって、理想的なホイールを手に入れ、車の魅力を高めましょう。

ホイールリバレルについてはこちら

トータルリペアカラーの対応エリアAREA

富山県、金沢市を中心に全国対応しております。

お気軽にご相談ください。

TEL090-2372-9894

受付時間 / 9:00~20:00

Lineはこちら